アーカイブ&リボーン

高級絵画の保管&再生・作られてないファブリックの再生も可能!

この事業は、現在では目新しくなくなった「デジタルアーカイブ技術」を背景にしたサービスです。

 

デジタルアーカイブ事業に関しては「文部科学省」及び「経済産業省」推進の元、多くの企業・大学が参加してきた背景があります。

 

その経緯の中で、サービスの商業化・商品化がされたかというと現実には殆ど行われていないのが現実でした。

 

その理由としては、「デジタルアーカイブ」に関わる企業は「デジタルデータの保管技術」「スキャン技術」「退色補正技術」等々の技術研究に邁進し、また大学においても同様に「学術レベルでの高精細さ」を競い合う事情にありました。

 

また、「デジタルアーカイブ」の本質を「高精細なデジタルデータの永続的保管」に重きを置くため一般ユーザにとってそのサービスを目にする機会すらあまりないのが現実でした。

 

「デジタルアーカイブ」技術の進化それ自体は決してマイナスの事象ではないですが、ことサービスの産業化・商品化を考えると、具体的に「誰にとって」「どのような」サービスかがあまりにも無さ過ぎたと思われます。

 

そこで、今回われわれプロジェクトチームは、コンシュマーレベルでの初めてのデジタルアーカイブ&リボーンサービスを提供する事となりました。